【ニューデリー時事】インドのモディ首相は25日の国民向け演説で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として、60歳を超えていて既往症がある人や医療従事者向けに、1月10日から3度目のワクチン投与を追加するブースター接種を行うと発表した。また政府は、純国産ワクチン「コバクシン」の使用可能年齢を12歳まで下げることも決めた。 (C)時事通信社