末松信介文部科学相は27日、臨時記者会見を開き、大学入試での新型コロナウイルス対策について、変異株「オミクロン株」の濃厚接触者となった場合でも、PCR検査の結果が陰性で、受験当日に無症状などの要件を満たせば、別室での受験を可能とすると表明した。
 オミクロン株の濃厚接触者は受験を認めず、追試験で対応するよう各大学に求めた指針は撤回し、改めて通知を出すとした。中学や高校の入試でも同様の対応を取るよう求める。
 岸田文雄首相が26日、受験機会を確保する方策を検討するよう文科省に指示したことなどを受け、方針転換した。末松文科相は「一人でも多くの受験生が適切に試験を受けられるようにすることが必要だと考えた」と述べた。 (C)時事通信社