山際大志郎経済再生担当相は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として、市中感染が確認された都道府県の隣接県でも希望する無症状者への無料検査を実施する方針を明らかにした。「未知のリスクには慎重の上にも慎重に対応すべきだ。(市中感染確認の)隣接県の知事が希望すれば無料検査を認める」と述べた。
 岸田文雄首相は23日、「オミクロン株の封じ込め対策が必要な地域は不安のある全ての方に無料検査を実施する」と表明。山際氏は会見で、無料検査について「東京都と京都府、大阪府、福岡県、沖縄県ですでに開始している」と説明した。 (C)時事通信社