全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)は27日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の市中感染が広がりを見せていることを受け、水際対策の徹底などを国に求める緊急提言をまとめた。外国人の新規入国停止の解除について慎重に判断することや、濃厚接触者が待機する宿泊施設を国の責任で確保することを要請した。 (C)時事通信社