後藤茂之厚生労働相は27日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」感染者と同じ航空機に乗っていた乗客全員を濃厚接触者とみなす運用を、「本日で終了する」と発表した。28日午前0時到着便から、デルタ株など従来株と同様に、感染者の前後2列を含む計5列の座席を利用した乗客と家族らに限定する。
 国内の感染例を分析した結果、機内の同乗者がオミクロン陽性となる割合は極めて低いと判明したという。このため後藤氏は、全員を濃厚接触者とする「科学的根拠がない」とした。 (C)時事通信社