三重大病院への医療機器納入をめぐる贈収賄事件で、業者に便宜を図り、上司の元教授側への200万円の賄賂を提供させたとして、第三者供賄罪に問われた同病院臨床麻酔部の元講師松成泰典被告(47)の判決が28日、津地裁であった。柴田誠裁判長は「職務の公正さに対する社会の信頼を大きく損なわせた」として、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)を言い渡した。
 柴田裁判長は、松成被告が上司の指示を受け、医療機器メーカーの担当者に、寄付金が機器選定の考慮条件として大きいとするメールを送るなど「重要な役割を果たした」と指摘。一方で、関与の程度は限定的だったとして執行猶予が相当とした。
 判決によると、松成被告は、臨床麻酔部元教授亀井政孝被告(55)=同罪などで起訴=と共謀し、日本光電工業(東京都新宿区)側から医療機器納入で便宜を図ってほしいと依頼を受け、2019年8月に亀井被告が代表理事を務める団体の口座に現金200万円を振り込ませた。 (C)時事通信社