新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大に備え、後藤茂之厚生労働相は28日、日本医師会の中川俊男会長ら医療関係団体の代表者と厚労省内で会談した。後藤氏は「国民の命と健康を守るため、もう一段の協力をお願いする」と述べ、感染が広がったときには、都道府県を越えて医療人材を派遣することなどを要請した。
 中川氏は、医師確保に向けたネットワークづくりに取り組む意向を強調。「医療提供体制に万全を期す」と応じた。
 後藤氏はこのほか、オンライン診療が可能な医療機関の充実や、自宅療養者に対する経口治療薬の迅速な提供についても、改めて協力を求めた。 (C)時事通信社