J・フロントリテイリング=2021年3~11月の純損益(国際会計基準)は黒字に転換。前年にコロナ禍で臨時休業に追い込まれた反動に加え、今年9月末の緊急事態宣言解除以降は客足が回復傾向にある。 
 百貨店事業の本業のもうけを示す事業利益は今中間期までは赤字だったが、3~11月累計で黒字に浮上。販管費の圧縮も貢献した。
 不動産事業は、前年に大阪・心斎橋店の内装工事で売り上げが拡大した反動で減収となるものの、資産売却で増益。金融事業は大幅増益だった。(C)時事通信社