文部科学省は28日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の濃厚接触者となった場合でも、要件を満たせば別室での受験を可能とするよう指針を改定し、各大学に通知した。中学や高校入試でも同様の対応を取るよう求める通知も出した。
 コロナの濃厚接触者について、初期スクリーニングのPCR検査が陰性で、その後の検査でも陽性と判明していない▽受験当日も無症状▽公共交通機関を利用せずに試験場に行く―を満たせば、別室での受験を認める。オミクロン株の濃厚接触者が受験する部屋は、他の濃厚接触者と別にすることが「望ましい」としたが、試験運営上難しい場合は、同じ部屋でも差し支えないとした。 (C)時事通信社