岸田文雄首相は28日、各省に対し、政治的に影響の大きい方針を決める際には首相官邸への事前報告を徹底するよう指示した。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策をめぐり、文部科学省が濃厚接触者の受験生に大学入試などの本試験を受けさせない方針を決め、批判を浴びて3日後に取り下げた問題を受けた措置。首相周辺が明らかにした。 (C)時事通信社