外務省は29日、米軍キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)の新型コロナウイルス陽性者のうち、47%が変異株「オミクロン株」の感染だったと発表した。米側で実施したPCR検査の結果として在日米軍から通知を受けた。
 キャンプ・ハンセンでは新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生しており、外務省によると、29日朝までに272人の陽性者が確認されている。外務省は通知を受け、オミクロン株がデルタ株などに比べて感染力が強いとされる点などを踏まえ、感染防止策に取り組む方針を米側と確認した。 (C)時事通信社