【イスタンブール時事】新型コロナウイルスの感染が再拡大するトルコで30日、新たに開発された国産ワクチン「チュルコワク」の市民向け接種が始まった。チュルコワクは中国製ワクチンと同じく保管が容易な不活化ワクチン。トルコ政府は既に2度接種した人への追加接種などに使用し、導入を進める方針だ。
 コジャ保健相は29日、一般向けに先駆けて接種を受け、安全性をアピール。「トルコの科学者によって開発された100%国産で、大きな歴史的意義がある」と強調した。 (C)時事通信社