【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、延期が検討されていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議が、予定されていた来年1月の開催を見送ることが決まり、同年8月1~26日の日程で調整されることになった。同会議の議長に内定しているアルゼンチンのスラウビネン氏が30日、条約全加盟国に通知した。
 同会議は5年に1度開かれ、当初は2020年4~5月の開催予定だった。新型コロナの流行で対面形式の協議が難しくなり、今回で4度目の延期決定となった。 (C)時事通信社