天皇陛下は1日、新年のビデオメッセージを公表された。新型コロナウイルス感染症で亡くなった人への哀悼の意と医療従事者への謝意を示した上で、「感染拡大が収まり、皆さんと再び直接お会いできる日が来ることを心待ちにしています」と述べた。
 陛下の国民向けビデオメッセージは昨年元日に続き2回目。今年も皇后さまが同席し「少しでも穏やかで、実り豊かな年となりますよう、心からお祈りしております」と話した。
 陛下は、国内の現在の感染状況について「明るい兆しが見えてきた」としつつ、コロナ禍で苦しい生活状況にある人々に言及。「痛みを分かち合い、支え合って、この困難な状況を乗り越えていくことを心から願っています」と語った。 (C)時事通信社