岸田文雄首相は3日放送の文化放送の番組で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、医療従事者や高齢者ら約3100万人に限っている前倒し対象を拡大する方向で検討する考えを明らかにした。「ワクチンの供給力をしっかり見ながら、さらに幅広い方に前倒しで受けてもらえる体制を検討していきたい」と述べた。 (C)時事通信社