多くの参拝客が初詣に訪れる東京大神宮(東京都千代田区)で、職員11人が新型コロナウイルスに感染するクラスター(感染者集団)が発生したことが3日分かった。東京大神宮は同日から16日まで一般参拝を中止した。
 区によると、昨年12月31日に職員1人の感染が判明。今月2日までに計10人の感染が新たに確認された。職員らのマスク着用や換気の徹底が図られていたとして、参拝客については濃厚接触者に当たらないと判断した。 (C)時事通信社