岸田文雄首相は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝した。この後、神宮司庁で年頭の記者会見に臨み、今後の政権運営や新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対応などについて説明する。
 首相は会見に先立って外宮と内宮を参拝。同日夜に帰京する。首相の伊勢参拝は新年の恒例行事だが、菅義偉前首相は昨年、新型コロナの感染拡大のため参拝を見送った。 (C)時事通信社