松野博一官房長官は4日、新型コロナウイルス感染が拡大している沖縄県の玉城デニー知事に対し、同県のワクチン接種率が全国平均より低いとして、接種を促進させるよう電話で求めた。
 松野氏は「未接種者への接種を進め、高齢者や医療従事者への追加接種前倒しに取り組んでほしい」と要請。検査会場拡充など無料検査の利用促進、経口治療薬を処方できる登録医療機関の拡大も促した。
 米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)でのクラスター(感染者集団)発生については、「米側には外出制限導入を含め感染拡大防止措置の徹底を求めている」と説明した。 (C)時事通信社