日本相撲協会は4日、田子ノ浦部屋で師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)、幕下以下の力士2人、床山1人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。
 濃厚接触の可能性があるため、田子ノ浦部屋所属の協会員は幕内高安を含む全員が初場所(9日初日、東京・両国国技館)を休場する。 (C)時事通信社