【ロンドン時事】年末年始の連休明けとなった4日午前のロンドン外国為替市場で、円相場が1ドル=116円台に下落し、2017年1月以来、約5年ぶりの円安水準となった。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」による重症化の可能性は低いとの見方から、投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが広がった。
 正午現在は116円10~20銭と、前営業日(12月31日)午後4時に比べ1円00銭の円安・ドル高。 (C)時事通信社