【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による経済への悪影響は限定的との見方が広がる中、続伸して始まった。優良株で構成するダウ工業株30種平均は取引時間中の史上最高値を3営業日ぶりに更新。午前9時36分現在は、前日終値比211.04ドル高の3万6796.10ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は0.68ポイント安の1万5832.12。 (C)時事通信社