【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響に対する楽観的な見方が広がる中、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比214.59ドル高の3万6799.65ドルと、2日連続で終値ベースの史上最高値を更新して終了。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は210.08ポイント安の1万5622.72で引けた。 (C)時事通信社