東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、新春の初競りが行われた。新型コロナウイルスの感染急拡大の懸念が強まる中、クロマグロの競りは昨年同様、安値スタートとなった。
 マグロの競りは午前5時10分に始まった。1番人気は211キロの青森県大間産で、1キロ当たり8万円、1匹1688万円で、昨年より約2割安。6年ぶりに2000万円を下回った。
 例年高値が付く国産天然マグロだが、今年は昨年の2倍近い約230匹が上場されて人気が割れたほか、新型コロナによる自粛ムードもあって、控えめな競り値となった。 (C)時事通信社