日本ハンドボール協会は5日、ポーランドに遠征していた男子代表の選手団27人のうち10人が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。オミクロン株かどうかは不明という。
 陰性が確認されたメンバーは帰国することとし、18日にサウジアラビアで開幕予定のアジア選手権への参加は辞退する。 (C)時事通信社