在日米軍は6日、米軍施設内における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染予防措置の態勢を強化すると発表した。コロナ検査で陰性が確認されるまでの公共の場などでのマスク着用や、日本に到着した際の検査の実施、またワクチンの接種状況にかかわらず基地外でのマスク着用が義務付けられる。 (C)時事通信社