松野博一官房長官は6日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種証明や検査の陰性証明があれば行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」に関し、実施を慎重に判断する考えを示した。
 同パッケージは、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の下でも飲食店の人数上限を撤廃するなど行動制限を緩和する仕組み。松野氏は「取り得る選択肢について、専門家の意見も聞きつつ検討している」と述べた。 (C)時事通信社