【シドニー時事】男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(34)=セルビア=が、オーストラリア入国を拒否され、4連覇が懸かる全豪オープンへの出場が困難な事態に直面している。セルビア政府首脳も豪州の対応を批判するなど、外交問題に発展しそうな雲行きだ。
 豪州は新型コロナウイルス感染防止の水際対策のため、外国人に入国前のワクチン接種を義務付けている。5日夜にメルボルンの空港に到着したジョコビッチ選手は接種を受けておらず、接種が免除となる適切な書類も提出できなかった。国境警備隊は6日の声明で、ジョコビッチ選手が「入国の要件を満たしていない」として、ビザを取り消したと発表した。
 地元メディアによると、同選手は裁判所に不服を申し立てた。裁判所の審理が10日午前に行われることになり、即日退去は免れた。ジョコビッチ選手はメルボルンのホテルに移り、部屋の前では警察が見張っている。 
 ジョコビッチ選手は4日にインスタグラムに「(接種免除の)例外が認められた」と記し、大会に参加する意向を表明した。豪州では昨年、メルボルンなどでロックダウン(都市封鎖)が実施されるなどしており、厳しい感染対策を受け入れた国民からは有力選手を特別扱いしているとの批判が殺到した。こうした世論にも配慮したとみられ、モリソン豪首相は6日の記者会見で「ルールはルールだ。特別な事例はない」と今回の対応を説明した。
 これに対し、ジョコビッチ選手と電話で話したというセルビアのブチッチ大統領は、豪州側の「不当な扱い」を批判。「セルビアはノバク・ジョコビッチと正義と真実のために闘う」と述べた。(C)時事通信社