日本医師会の中川俊男会長は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者増加を踏まえ、「全国的に『第6波』に突入したと考えている」との見解を示した。ワクチンの接種証明などにより行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」については、「これからの感染状況を見て、柔軟に仕組みを見直すべきだと思う」と提起した。
 中川氏は「(感染拡大の)スピードが極めて速くなっている」と指摘。変異株「オミクロン株」に対応するため、自治体に対して「感染者数を常に予想しながら、『まん延防止等重点措置』の申請を準備するなどの心構えでいるべきだ」と呼び掛けた。 (C)時事通信社