全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)は6日、新型コロナウイルス対策でテレビ会議を開き、国への緊急要請をまとめた。変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受け、平井氏は「明らかにこれは『第6波』だ」と強調。他の出席者からも強い危機感が示された。
 要請では、現状を「一部地域では加速度的に感染が拡大し、医療や保健所業務の逼迫(ひっぱく)につながる危機的な段階に突入しつつある」と指摘。知事の要請に応じて緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を機動的に発出することやワクチン追加接種の推進、検査体制の整備などを求めた。 (C)時事通信社