【北京時事】新型コロナウイルスの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)が続く中国陝西省西安市で1日、PCR検査の陰性証明がないとの理由で受診できなかった妊娠8カ月の女性が死産する悲惨な事故が起きた。「非人道的な対応だ」との批判を受け、同市政府は6日の記者会見で公式に謝罪し、関係者の処分を発表した。
 中国版ツイッター「微博」に掲載された妊婦の親戚の投稿によると、腹痛を訴えた妊婦は1日午後8時すぎ、市内の病院に運ばれた。しかし、氷点下の屋外で約2時間待たされた末、大量に出血。手術室に運ばれたが死産した。 (C)時事通信社