【グローブニューズワイヤ】バイオ製薬会社で、免疫ベースの治療法の開発に注力するゼナス・バイオファーマ(Zenas・BioPharma)は6日、医学博士のジョン・オーロフ(John・Orloff)氏の取締役就任を発表した。オーロフ博士は、自己免疫疾患を含む複数の治療分野でグローバルな研究開発組織をリードしてきた25年以上の経験をゼナスの取締役会にもたらす。オーロフ博士は現在、エージェント・キャピタル(Agent・Capital)のベンチャーパートナーを務めている。(C)時事通信社