新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用決定を受け、沖縄、山口、広島の3県は9日から、飲食店に営業時間短縮を求めるなど感染対策を強化する。感染の急拡大が止まらない中、沖縄県の玉城デニー知事は7日の記者会見で、「さらに感染が拡大すれば、緊急事態宣言への移行も視野に入れなければならない」と述べ、強い危機感を示した。
 重点措置の対象地域は沖縄県が県全域、山口県は岩国市と和木町。広島県は当初想定していた3市2町から10市3町に拡大した。 (C)時事通信社