日本サッカー協会は7日、第100回全国高校選手権で4強入りした関東一(東京B)の選手2人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたため、8日の準決勝(東京・国立競技場)の出場を辞退すると発表した。対戦相手の大津(熊本)が不戦勝で10日の決勝に進む。
 準決勝進出を決めた4チームが検査を受けた。陽性者が出た関東一は正規登録の選手30人と監督らは出場できないが、予備登録された選手14人での出場は可能。しかし、同校やサッカー部関係者で検討した結果、辞退することになった。小野貴裕監督は「今大会だけでなく、この2年間できる限りの対策を講じてきた。それでも陽性者が出てしまった以上、大会、相手校に迷惑は掛けられないと判断した」との談話を発表した。
 その他の3チームは全員の陰性が確認された。8日の準決勝のもう1試合、高川学園(山口)―青森山田(青森)は予定通り行われる。 (C)時事通信社