大相撲の錦戸部屋で9日、新型コロナウイルスの陽性者が確認され、師匠の錦戸親方(元関脇水戸泉)と十両水戸龍を含む所属力士が、この日初日の初場所(東京・両国国技館)を全休することになった。師匠は9日に受けたPCR検査で陰性が確認され、力士らは10日に検査を受ける。
 部屋のおかみさんで歌手の小野友葵子さんは自身のブログを更新し、PCR検査で自らが陽性判定を受けたことを公表した。水戸龍の初日の対戦相手、大翔丸は不戦勝。
 今場所は師匠らの新型コロナ感染が判明した田子ノ浦部屋でも全員の休場が決まっていた。 (C)時事通信社