【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は10日、米CNBCテレビに出演し、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応したワクチンについて「3月に準備が整う」との見通しを示した。既に生産を開始しているという。
 ブーラ氏は「開発中のワクチンは他の変異株にも対応している」と説明した。 (C)時事通信社