末松信介文部科学相は11日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスに感染するなどして大学入学共通テストの本試験も追試験も受けられなかった受験生への救済策として、国公立大の2次試験のみで合否判定するよう、各大学に要請すると発表した。共通テストを利用する私立大にも、個別入試での判定を要請する。
 末松文科相はまた、コロナで個別入試も受験できなかった場合に備え、調査書や面接といった総合型選抜などで再度の追試験機会を設け、4月以降に入学できるよう要請する考えを示した。中学や高校の入試でも、追試や書類のみの選考を検討するよう、都道府県教育委員会に要請する。
 共通テストは15、16日に本試験、29、30日に追試験が行われる。国公立大の1次試験に当たるほか、多くの私立大・短大が利用している。文科省はこれまで各大学に対し、個別入試についても追試などを要請しており、ほとんどの大学が対応しているが、変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受け、さらなる対応を求めたという。
 代々木ゼミナール教育事業推進本部の佐藤雄太郎本部長は「共通テストを重視する国公立大にとっては、2次試験だけで学力をどのように判断するのか、難しい対応を迫られるのではないか。不公平に感じる受験生もいるだろう」と話した。
 一方、駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長は「現在は国立大でも推薦など入試の多様化が進んでいる。コロナ対策として良い判断ではないか」と評価した。 (C)時事通信社