松野博一官房長官は11日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、まん延防止等重点措置の適用を拡大する可能性について「東京都、大阪府は新規陽性者が増加しているが、病床使用率の水準から現時点で適用する状況にはない」との認識を示した。その上で「(各知事から)要請が出された場合には、専門家の評価も聞いた上で、速やかに検討を行う」と強調した。 (C)時事通信社