山際大志郎経済再生担当相は11日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じた「第三者認証店」が営業時間を午後8時までに短縮し、酒類も提供しない場合には協力金を引き上げると発表した。非認証店と同じく、売上高に応じて1日3万~10万円を支払う。今月9日にさかのぼって適用する。
 まん延防止等重点措置が適用された沖縄県では、認証店は午後9時まで営業し、酒類提供も認められるが、協力金は2.5万~7.5万円と低く設定されていた。非認証店は午後8時までで酒類を提供できないが、認証店からは協力金が低いことへの不満が噴出。認証の返上を申し出る動きも出ていた。 (C)時事通信社