東京都医師会の尾崎治夫会長は11日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、「ワクチンを2回打てば大丈夫というのは、オミクロンでは通用しない」と訴えた。その上で「3回目のワクチンを打つまでは、PCRや抗原検査で陰性を確認した上で会食や旅行をしてほしい」とし、警戒を呼び掛けた。
 尾崎氏はまた、「オミクロン株は重症化しにくいという話もあるが、感染者が増えれば重症者も出てくる」と強調。「体調に不安のある方はちゅうちょせず医療機関を受診してほしい」と述べた。 (C)時事通信社