北海道小樽市は11日、2月上旬に予定されていた米国艦船の小樽寄港について、米軍側から取りやめるとの通知が同日あったと発表した。理由は明らかにしていないが、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた判断とみられる。
 寄港を予定していたのは、米海軍のミサイル駆逐艦「ストックデール」。2月6~11日に親善目的で小樽港に入り、1日最大240人が上陸する見通しだった。沖縄県や山口県の在日米軍基地でのクラスター(感染者集団)発生を踏まえ、昨年12月末に寄港通知を受けた市は、米軍への再考要請を検討していた。 (C)時事通信社