【ニューヨーク時事】米航空大手ユナイテッド航空のカービー最高経営責任者(CEO)は11日、国内従業員の4%強に相当する約3000人が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと明らかにした。ワクチンを接種した従業員が最近死亡したり、入院したりしたケースはないが、病欠者が続出。人手不足で運航便数の減少やサービス低下が懸念されている。 (C)時事通信社