【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、T細胞療法技術の英Adaptate・Biotherapeuticsを買収するオプション権を行使したと発表した。Adaptateは武田薬品が買収を進めている英ガンマ・デルタ・セラピューティクスから2019年にスピンアウトした企業。がん微細環境内で可変デルタ1(Vδ1)ガンマデルタ(γδ)T細胞を選択的に活性化させる抗体を手掛ける。この抗体は従来型のがん免疫療法と比べ高い有効性と安全性が期待される。両社の買収は武田薬品の2022年度第1・四半期に完了する見込み。武田薬品は米マーベリック・セラピューティクスのT細胞療法技術も取得済み。(C)時事通信社