公明党の石井啓一幹事長は12日、首相官邸で岸田文雄首相と会い、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者について、原則14日間の隔離期間を短縮するよう求める提言を手渡した。首相は「オミクロン株の特性に応じた対応を検討したい」と述べた。 (C)時事通信社