部活動で利用した旅館の宿泊料を水増しし、新型コロナウイルス対策の政府の観光支援事業「Go To トラベル」の給付金を詐取したとして、大阪府警は12日までに、詐欺容疑で、大阪偕星学園高校(大阪市生野区)の元野球部監督山本セキ容疑者(53)=岡山市南区内尾=ら3人を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。
 同校野球部は山本容疑者が監督を務めていた2015年夏に初めて甲子園出場を果たしている。
 他に逮捕されたのは元同部コーチの無職水落雄基(31)=福岡県春日市松ケ丘=、旅館経営の吉間俊典(54)=岡山県津山市大田=両容疑者。
 逮捕容疑は共謀し、1人1泊7000円の吉間容疑者の旅館に、2万円で宿泊したように装って給付金を申請し、20年12月24日に約79万円を詐取した疑い。 (C)時事通信社