全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)は12日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受けてテレビ会議を開き、国への提言をまとめた。現行の基本的対処方針や行動制限の緩和策について、変異株の特性を踏まえて見直すことなどを求めている。
 平井氏は会議の冒頭、「一気に(感染が)広がる局面にある。効率的に、重点を置いた賢い戦い方をしなければならないのではないか」と述べた。
 提言では、オミクロン株に関し「感染力や重症化のリスクなどを早急に分析すること」を要請。ワクチンや治療薬の効果を検証するよう促した。その上で、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令中でも行動制限を緩める「ワクチン・検査パッケージ」などを見直し、感染力の強い同株に対応するよう訴えた。 (C)時事通信社