文部科学省は12日、大学入学共通テストの本試験も追試験も受けられず、国公立大の2次試験など個別入試のみで合否判定される場合は、新型コロナウイルス感染を証明する医師の診断書が必須だとする受験生向けのQ&Aをホームページ上に公開した。
 「共通テストを受験せずに各大学の個別試験だけ受験した方が有利になるのでは」との質問を設定し、「意図的に共通テストを受験しない方法を選択できるものではない」と回答した。
 文科省の担当者は「各大学に出願する際、医師の診断書の提出や、濃厚接触者と判断した保健所の申告が求められることになる」と説明した。
 Q&Aでは、共通テストなしで個別入試を受験できるのは、本試験と追試験の少なくとも一方を受験できなかった理由が、コロナに感染するか濃厚接触者となった場合に限定されると明記。コロナ以外の事情で両方受験できなかった場合は、対象にならないとした。 (C)時事通信社