岸田文雄首相は13日夜放送のTBS番組で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者の待機期間について、「(現在の)14日間をどこまで縮めるのか、科学的な知見に基づいて至急確認している。できるだけ早く明らかにしたい」と述べ、短縮幅を早期に決定する考えを示した。政府は14日にも発表する。 (C)時事通信社