【ソウル時事】韓国銀行(中央銀行)は14日の金融通貨委員会で、物価高騰を背景に、政策金利を0.25%引き上げて1.25%とすることを決めた。昨年8月と11月に続く追加利上げで、政策金利は新型コロナウイルスの感染拡大による影響が本格化する前の2020年3月の水準に戻る。 (C)時事通信社