米製薬大手ファイザーは14日、飲み薬タイプの新型コロナウイルス治療薬「パクスロビド」の製造販売承認を厚生労働省に申請した。審査を簡略化できる特例承認の適用を視野に入れている。承認された場合、日本政府に200万回分を供給することで合意しており、自宅療養などで使用し重症者の増加を抑制できると期待される。
 パクスロビドはウイルスの増殖に必要な酵素の働きを阻害する「抗ウイルス薬」で、米国や欧州で緊急使用許可が出ている。国際共同治験では、患者の入院や死亡のリスクが9割近く低下した。 (C)時事通信社