臨床試験(治験)支援を手掛けるアイロムグループは14日、子会社のIDファーマ(東京)が開発する新型コロナウイルスワクチンについて、今年春から追加接種用として治験を開始すると発表した。鼻の中に噴霧するタイプで、2023年の承認申請を目指す。
 IDファーマのワクチンは、別のウイルスの外殻を運び屋として使う「ウイルスベクターワクチン」。同社は鼻からの投与により、発症や重症化を予防するだけではなく、感染を防ぐ粘膜免疫を得られると期待している。
 経鼻ワクチンは国内では塩野義製薬も22年度の治験入りを目指し、研究開発を進めている。 (C)時事通信社